時期に合わせた摂取が大事

女性

推奨されている摂取量

妊娠中には、母体のためだけでなく赤ちゃんのためにも栄養補給をする必要があります。そして、特にしっかりと摂取しなければならない栄養素が、葉酸です。葉酸は、質の良い血液を作ったり、DNAの正常な合成を助けたりする栄養素です。そのため十分に摂取していれば、母体では貧血が、赤ちゃんの体ではDNAのトラブルによる先天異常が防がれやすくなるのです。ただし葉酸を摂取する際には、量に気をつけなければなりません。というのも、葉酸の推奨摂取量は、妊娠週数によって変化するからです。具体的には、妊娠の約4週間前から12週頃までは、1日に640μgの葉酸摂取が推奨されています。正確には、食事から240μg、サプリメントなどの栄養補助食品で400μgを摂取するのです。その後は出産まで、食事で240μg、栄養補助食品で240μgの合計480μgが、1日の推奨摂取量とされています。さらに出産後も、母体の回復のために食事で240μg、栄養補助食品で100μgを摂取すると良いと言われています。このように母体と赤ちゃんに必要となる葉酸の量は、一定ではないのです。そのためそれぞれの時期に合わせて、適切な量を摂取するよう気をつけましょう。もちろん、過剰摂取にも気をつけなければなりません。少々オーバーしたくらいでは問題は起こりにくいのですが、毎日1000μg以上の葉酸を摂取していると、頭痛や吐き気といった症状が出てくることがあるのです。とはいえ基本的には安全な栄養素なので、量を守っていれば安心と言えます。

赤ちゃん

産み分けしたい

ハローベビーガールを利用して男女の産み分けをしてみましょう。失敗することもありますが、成功率は78%と高確率です。試してみる価値はあります。また、潤滑ゼリーで国産、天然成分というところが魅力的でもあります。

詳しく見る

カウンセリング

信頼を重視する

川崎で産婦人科を選ぶには実績や評判を知ることが一番です。インターネットで調べてみましょう。口コミを参考にするにもいいかもしれません。また、最新の医療機器が整っているなど、安全性に優れているところがおすすめです。

詳しく見る

卵子

助成を受け治療を受ける

不妊治療では、検査により原因を追究し適切な治療を行うことが大切です。治療法は複数あり、体外受精と顕微授精を行う場合は治療費が自己負担となります。経済的負担を軽減して治療ができるよう、大阪では治療費の一部を助成しています。

詳しく見る

サプリメント

妊娠予定の方から試そう

葉酸は妊娠前から妊娠後も体に必要な成分を有しています。最近ではサプリメントにて手軽に摂取する方法も増えていますが、日常の食べ物からも摂取する事ができます。葉酸のメリット・デメリットを理解し、正しく摂取する事が大切です。

詳しく見る

お腹

男女の産み分けについて

ハローベビーガールとは子供の産み分けを調整するための潤滑剤です。ハローベビーガールを使用し、失敗しないためにも排卵日の把握が重要です。膣内環境は排卵日二日前に酸性になり、当日にアルカリ性になります。排卵日を予測するハローベビーチェッカーと、ハローベビーガールの利用で78%の確率で産み分けが可能です。

詳しく見る