助成を受け治療を受ける

卵子

個々に応じた治療を受ける

不妊治療を行う際、大切なことは原因を探り適切な治療を行うということです。不妊検査により、原因が男性側と女性側のどちらにあるのか、または両方にあるのかということ見付けていきます。原因が分かれば、ケースに合った治療を行います。不妊治療には、様々な方法があります。排卵と受精を手助けする方法として、タイミング法と排卵誘発法、人工授精法などの一般不妊治療法があります。一般不妊治療を行っても妊娠に至らない場合は、対外授精法や顕微授精法などの生殖補助医療法を取り入れます。大阪にも一般不妊治療と生殖補助医療を行うクリニックが多くあります。まずは原因を探るため、女性だけでなく夫婦で受診をすることが大切です。不妊治療は、治療期間が長期に渡るケースが多くあります。長期間の治療は肉体的・精神的にも大変ですが、治療に伴う医療費の捻出も大きな負担となります。対外授精法と顕微授精法については保険が適用されず、自己負担での治療となります。1回の治療が高額になるため、妊娠に至るまで治療を継続できないケースも少なくありません。大阪府では不妊治療を行う夫婦の経済的負担を減らすために、体外受精と顕微授精にかかる治療費の一部を助成する事業を行っています。大阪府に指定された医療機関で治療を受け、医師から体外受精と顕微授精以外の治療法では妊娠が難しいと診断された方が対象となります。大阪府内でも府の女性が対象外となる市もありますが、各市で同様の女性を行っています。居住地の自治体に確認をして女性を受けると、負担を減らして不妊治療に臨むことができます。